プロフィール

ルパン・ザ・ストーリー

マジシャンルパンプロフィール

石川県金沢市出身。元教師という異色の肩書を持つ。
至近距離で演じるテーブルマジックから、大人数に対応したステージマジック、お子様が大好きなバルーン・グリーティングまで幅広く対応。学校や企業、店舗、地域でのイベントを盛り上げるお手伝いをさせていただきます。観る人を笑顔にする愉快なおしゃべりマジックは子供からお年寄りまで大人気。人呼んで笑顔泥棒。今日もあなたの笑顔いただきます!
プロフィール資料ダウンロード

マジシャンルパン・ザ・ストーリー
「誰かを楽しませたい」という思いに動かされて

  小学校3年生の時に、学校で自分の特技を発表する「お楽しみ会」がありました。クラスメートは縄跳びやそろばんなど、それぞれ特技を披露していたのですが、私はそんな特技がなかったので父に相談すると簡単なマジックを教えてくれたのです。正直に言うと「こんなの、絶対バレるに決まっている!」と思い当日、みんなに見せるのが嫌でたまらなかった記憶があります。


  ところが、やってみると予想外にウケてしまったのです。この経験は衝撃的でした。私がやったことで友達や先生が笑ったり、喜んだりしてくれることに自分自身が嬉しくなり、ワクワクしたのです。すっかりマジックにハマってしまった私は「マジック入門」という本やマジック用品を買って練習しては、家族や友達に見せて楽しんでいました。マジックで皆が笑顔になることに喜びを感じるようになったルーツは、ここにあるのかなと思います。

 

ろう学校の子どもたちとの出会い

  大学では特別支援教育を専攻し、知的障害特別支援学校を経て、ろう学校(耳の不自由な子どもたちの学校)で勤務することになりました。耳が聞こえない子供たちとのコミュニケーションのため、手話を覚えたのですが、ある問題に直面したのです。 

私たちは教科書を読みながら、顔を上げなくても先生の話を耳で聞くことができますよね?ところがろう学校の子どもたちは、教科書を読むために下を向いてしまうと、私が手話をしても見ることができないので伝わらないのです。「お~い!」と呼んでも、机を「ドンドン!」と叩いても、聞こえないから顔を上げてくれません。手話によるコミュニケーションの難しさを痛感しました。 

  その時、思い出したのが「マジック」だったのです。ポケットにマジックグッズや面白グッズを忍ばせては、いつも子どもたちに見せるようになりました。「あ、この先生はいつも何か面白いことをしてくれるんだ。」という期待感から、子どもたちは常に私に注目してくれるようになり、手話でのコミュニケーションがスムーズになったのです。そんなある日・・・・。 

 

僕たちもマジックをやりたい! 

  ある日、子どもたちが私のところにやって来て「表現会でマジックをやりたい!」 と言い出したのです。 その頃、私がやっていたマジックはトランプやコインを使った小さな現象のマジックです。これでは広い体育館では見えません。そのことを彼らに伝えると 

「先生は、箱の中で人が消えたり、剣を刺したりするマジックはできないのですか?」と喰らいついてきます。「できません。」と私。 「じゃあ先生、勉強してください。」と子どもたち。 そんな経緯があって表現会でマジックをすることになったのです。
  ステージでやるような大掛かりなマジックなど経験がなかった私は、マジックショップで道具を買ったり、本を読んで研究したり、プロマジシャンのレクチャーを受けたりと、子どもたちの熱意に応えるため奔走しました。でも、ちっとも苦痛だとは思わずむしろ楽しかったです。 そしていよいよ表現会当日を迎えました。 

「6年生になったら髙田先生とマジックがやりたい!」

  当時のろう学校の表現会といえば「和太鼓演奏」か「手話歌」、「手話による劇」が一般的でした。 そんな中、マジックは聞こえなくても見ればわかるので子どもたちにも保護者にも大好評でした。 そして、会場で見ていた子どもたちが言いました。 


「ボクたちも、6年生になったら髙田先生とマジックがやりたい!」 


  当時、私は、高学年をずっと受け持っていたので、子どもたちは6年生になったらマジックをやるんだと目を輝かせて進級してきました。そんな彼らの気持ちに応えたい一心で毎年、新しいマジックのネタを研究しました。 ろう学校に勤務していた11年間は、いつも表現会のマジックのことばかり考えていた気がします。おかげで自宅にはどんどんマジック道具が増えていきましたが、思い出が詰まった道具はどれも宝物です。 
↓↓↓↓↓

人を笑顔にする力

  さて、ろう学校から肢体不自由特別支援学校に異動になった2010年。JICAの【教育海外派遣研修】プログラムでアフリカのウガンダに数週間滞在する機会に恵まれました。当時アフリカではサッカーのワールドカップが開催されており、厳戒態勢が敷かれていました。ホテルの入り口では毎回、強面の警備員にボディチェックをされていたのですが、ある日思い切って警備員にマジックを見せたところ、さっきまであんなに怖い顔をしていた警備員が「Amazing!」と子どものような笑顔になったのです。警備員は彼の友人を連れてきて「リュージ。俺の友達にも見せてやってくれ。」と大喜び。それ以降、私だけボディチェックを受けずに顔パスでホテルを出入りできるようになったのです。

その後、ウガンダの学校や孤児院、街中でもマジックを披露すると言葉は通じないのに、一瞬で仲良くなることができたのです。言葉や国境を越えて、人を笑顔にする力があるマジックって素晴らしいと思いました。

東日本大震災

  翌年、2011年に東日本大震災が発生しました。何か我々にできることは無いだろうか?友人の呼びかけに音楽、ジャグリング、バルーン、マジックなどのパフォーマンスをやっている仲間が集まってチャリティ・イベントを開催することになり、2日間で12万円の義援金を贈ることができました。その後、現地へ行き、微力ながら瓦礫の撤去作業のボランティアにも参加させていただきました。(2011年5月。宮城県石巻市にて】

  その後も、ご縁をいただき、南三陸町へ12回訪問。(2019年7月現在)マジックを通して現在も仮設住宅や復興住宅の皆さんと交流をさせていただいています。これらの活動を通して、マジックには人々を笑顔にする力がある、ということを再認識したのです。

  地元金沢のメディアからも取材を受け、マジックの依頼も増え始めました。当時特別支援学校で教師をしていた私は「週末ボランティアマジシャン」でした。

教師という職業に誇りを感じつつも、もっともっと人々を笑顔にしたい、マジックでもっと笑顔を届けたいという気持ちがだんだん強くなっていきました。

 

いつも背中を押すのは奥さん

  あ る日、奥さんと買い物をしていた時、ショッピングモールの広場でマジックとバルーンのショーをしていました。経験の浅いパフォーマーだったのか、ややぎこちないそのショーを見ていた奥さんが言うのです。「あんなショーでも笑っているお客さんがいる。あなたならあの100倍、楽しいショーができるのに。」
私は私の一番のファンでいてくれる奥さんの言葉を笑って聞いていたのですが
「あなたが、マジックをやりたがっているのはよくわかっている。一度しかない人生、好きなことをやりなよ。」と言うのです。
  そうしたいと思いながら、特別支援学校の教師としてやりたいこともありました。現場にいて子どもたちのために、そして子どもたちのためにと奮闘している教師仲間のために、私ができることも見えていました。それでも、1年でも早いうちに私にしかできないことで人のお役に立ちたいという思いは日に日に強くなっているのも事実でした。そんな私をそばで見ていた奥さんは、じれったかったのだと思います。ショッピングセンターの雑踏の中で、それほど面白いとは言えないショーを見た奥さんはつい、言葉にしたのでしょう。
「あなたならあの100倍見ている人を楽しませて笑わせるショーができるのに」と。 

2019年3月

  そんな奥さんの言葉に後押しされ、2019年3月。31年間務めた教員を早期退職しプロマジシャンに転身することを決心したのです。


一番の理解者であるうちの奥さんには、感謝の気持ちを込めて前から行きたがっていた奄美大島旅行をプレゼントさせていただきました。 


本当に、ありがとう。



マジシャン・ルパン

人呼んで笑顔泥棒
あなたの笑顔いただきます